日本最古の桂木ゆず

埼玉県の毛呂山町・ときがわ町産の柚子を産地呼称として桂木柚子と呼んでいます。

この地域の柚子は、他産地の約4倍の香りを持ち強烈な個性を持っています。

 

特に毛呂山町産の柚子は日本最古の栽培柚子として知られ、香りの質・強さ・味の良さから世界最高品質と言えます。

ときがわブルワリーは、毛呂山町内で収穫された柚子の一番の出荷先になっており、2019年度は約40トンの柚子を加工しました。

関東最大の柚子の取扱量となり、扱い方についても日々研究を重ねています。