桂木柚子

埼玉県の毛呂山町・ときがわ町産の柚子を産地呼称として桂木柚子と呼んでいます。

この地域の柚子は、他産地の約4倍もの強い香りを持ち、強烈な柚子らしさが特徴です。

 

特に毛呂山町産の柚子は日本最古の栽培柚子として知られ、実の大きさ・形・香り・味のどれを取っても世界最高品質と言えます。

 

 

有効成分

    リモネン

柚子には、「リモネン」と呼ばれる成分が豊富に含まれています。このリモネンには皮膚に膜を張る作用があり、体内の水分を保持し、肌に高い保湿効果を与えます。

    シトラール

柚子の皮に含まれる香り成分の1つで、強いレモンのような香りがします。この香りにはストレスを軽減し、気分を落ち着かせる効果があります。

    ビタミンC

 

 柚子の皮や果肉に含まれるビタミンCは、柑橘類の中で最も多いと言われています。その含有量はみかんのおよそ23倍、レモンのおよそ34倍と言われ、果物の中でもトップクラスの量を誇ります。この豊富なビタミンCによって、風邪予防の他にも、冷え性や肌荒れの症状を緩和するなど、女性に嬉しい高い効果も期待できます。


ダイエット効果

    活性酸素を取り除き代謝をアップ

柚子に含まれる豊富なビタミンCは、体内の活性酸素を取り除く働きがあります。活性酸素は増加すると体内機能を低下させますので、体の代謝機能も落ちてしまいます。

    柚子の甘い香りで高い安眠効果

柚子の皮に含まれる香り成分である「シトラール」は、気分を落ち着かせ、ストレスを軽減する働きがあります。

寝る前に柚子茶を飲むことによって高い安眠効果が働き、ぐっすりと眠れるようになります。眠りの質が良くなると痩せやすい身体になりますので、これにより高いダイエット効果が期待できます。

    コラーゲンで脂肪燃焼効果

 

実は柚子にはコラーゲンが豊富に含まれています。コラーゲンには脂肪燃焼させる働きがあり、体内の余分な脂肪分を分解してくれる他にも、肌がツルツルになるなどの高い美容効果があるのです。


便秘対策

柚子果汁を愛用頂いている方から昔から苦労していて何をしても解決しなかった便秘が治ったとの報告を受けて調べたところ、ビタミンC,ペクチンが豊富に含まれる事による作用ではないかと考えています。

柚子の中に含まれる食物繊維は水溶性と不溶性の2種類あり水溶性食物繊維とは腸内をゆっくりと進むことができるため

満腹感を維持することができます。そのため、食べ過ぎに効果のある食物繊維です。後者の不溶性食物繊維はお腹の中の水分を吸収することができ腸内を刺激して活発にさせる働きがあります。
よって、便秘に効果のある食物繊維だと言えます。

 

 


他にも色々な効能

(1)抗酸化作用

豊富なビタミンCの効能として、抗酸化作用が期待できます。体内の組織を老化から守り、ガンや心臓病、脳卒中などの様々な恐ろしい病気も予防してくれます。ビタミンCには他にも、貧血や食欲不振の予防も期待できます。

(2)疲労回復・整腸作用

上記のクエン酸・リンゴ酸による効能です。疲労の原因物質である乳酸を分解する働きがあるためです。クエン酸・リンゴ酸は胃液の分泌を促進してくれるため、胸焼けや胃痛を解消する効果もあります。

(3)血糖値・コレステロール値の正常化

上記のペクチンによる効能です。ペクチンは食物繊維のひとつであるため、便秘・下痢など腸のトラブルの解消や疲労回復にも一役買ってくれます。

(4)血行の改善

リモネンという香り成分が、柚子の果皮の外側に豊富に含まれています。この成分には血行を良くし身体を温める効能があります。また抗酸化作用の手助けもしてくれます。

(5)美白効果

こちらも豊富なビタミンCによる効能です。上記の通り果皮に多く含まれているため、果実だけでなく果皮を摂取するのがポイントになります。

(6)皮膚の保水効果

柚子にはアミノ酸も多く含まれており、その効能になります。アミノ酸の種類としては、セリン(皮膚の保水に役立つ成分)・アスパラギン(身体の不要な物質の排出を促進する)・ヒスチジン(紫外線から身体を守る)などが特に柚子には多いです。

(7)健康と美しさの両立

柚子にはヘスペリジンという栄養素も含まれており、毛細血管を丈夫にして病気を予防する一方で、老化防止にも効能を発揮します。